クレジットカードの受け取り方法と転送条件について考察してみた

クレジットカードの審査を通り、後は受け取るだけの段階で、配達時に家におらず、受け取れないことも考えられます。

出張で長く家を空けていた、引越しをしていた、たまたま外出していたなどの理由がありますが、せっかくのクレジットカードも受け取らなければ利用することができません。

不在だった場合、どのように受け取るのか、どのような書類が必要か確認が必要です。また本人の都合は悪いが、家族や同居人にクレジットカードを受け取ってもらうことはできるのか、引越し先へ転送できるのかといった疑問が生まれます。

今回は、クレジットカードの受取方法、転送条件について、詳しく解説していきます。

クレジットカードの受け取り方法と関連情報

クレジットカードの受け取り方法と関連情報

クレジットカードは、カード1枚で支払い能力を持ちお金として扱われるため、通常の郵便物や商品と違い、受取方法や本人が受け取るのか、本人以外でも受け取ることができるのかなどのルールが設定されています。

受取方法については、自宅に配達してもらって受け取りたい、お店で受け取りたいといった希望がそれぞれあるでしょう。

配達時に受け取ることができないと、クレジットカードの入手が遅れてしまうため、受け取ることができる人間の範囲を理解することが大切です。受取方法と受け取れる人間の範囲に分けてチェックしていきましょう。

受け取り方法は大きく分けて2種類ある

クレジットカードを受け取る方法は、店頭のクレジットカードカウンターで受け取る方法と配送サービスを利用して自宅で受け取る方法の2種類があります。

店頭でクレジットカードを受け取る場合は、ネットでオンライン申し込みを行い、審査結果のメールで案内を受け、クレジットカードカウンターなどで受け取りを行います。

MEMO
百貨店などで受け取る際は、受取期限の範囲内で来店し、セールなどに合わせると、すぐにお得なショッピングを楽しむことができます。

配送サービスを利用してクレジットカードを受け取る場合は、不在時に投函ボックスを利用できないため、直接受け取る必要があります。簡易書留や本人限定受取郵便などで自宅に配達されます。前提として、本人が自宅にいることが求められます。

配送方法によって受け取れる人間の範囲が決まる

配送方法によって受け取れる人間の範囲が決まる

クレジットカードの受取は、基本的に本人のみですが、配達方法によっては、本人意外も受け取ることができます。日本郵便の本人限定受取郵便、簡易書留が主に利用されます。

本人限定受取郵便は、クレジットカードを申し込んだ本人しか受け取ることができない郵便方法です。郵便局にクレジットカードが到着した際に到着通知書が一旦配達されます。自宅での受取を選択する場合は、日時や配達時間帯を郵便局へ伝える必要があるため、指定通りに自宅にいることで受け取ることができます。

簡易書留とは、郵便物が送られたこと、受け取ったことを記録し、損害があった場合に補償される郵便方法です。クレジットカードの口座振替を申し込み時に既に行っている場合に利用されることが多いです。簡易書留は、家族や同居人でも受け取ることができます。

MEMO
クレジットカードが本人限定受取郵便か簡易書留かをあらかじめ確認して、配達時に本人または家族、同居人がいるようにする必要があります。

カードが送られてきた際に不在だった場合の対処法

クレジットカードが送られてきた時に、不在で受け取れないという場合も考えられます。

注意
もし不在だった場合には、運送業者に再配達を申し込むか、郵便局などで直接受け取るかの2種類の対処法があります。受取期限が設定されていることは要注意です。

佐川急便などの運送業者の場合は再配達を希望する

クレジットカードは投函ボックスやポストを利用できないため、配達時に不在だった場合、不在票が入っています。不在票に記載されているドライバー直通電話や自動音声サービスなどで、配達日時、配達時間帯を指定することで、再配達を依頼することができます。

郵便局などの場合は出向いて受け取る事も可能

郵便局などの場合は出向いて受け取る事も可能

運送会社などの場合は、再配達となりますが、郵便局の場合は、郵便局の受付で直接受け取ることができます。自宅にいることができる日や時間帯が確定していない場合には、受取期限の範囲内で郵便局に出向くのがおすすめです。

配達の場合、サインや印鑑で本人確認が行われますが、郵便局に出向く際には、印鑑に加えて、不在通知書と本人確認書類が必要となります。本人と住所が同じであることを証明する免許証などがあれば本人以外でも受取可能です。同じ住所に住んでいない者が受取を希望する場合は、委任状が必要になるため、注意しましょう。

受け取り期限が切れてしまった場合はクレカ会社に連絡

MEMO
配達時に不在で、郵便局に返送されると、受け取り期限は郵便局に到着した日から数えて10日間です。佐川急便は、初回配達日から7日間であるため、配達先による受け取り期限の違いに注意する必要があります。

受け取り期限が切れてしまうと、クレジットカード会社に返送されるため、再送の依頼をしましょう。クレジットカード会社は、連絡がない場合、クレジットカードを処分するため、早めの連絡が求められます。

またクレジットカード会社にとって、配送が滞ることを繰り返されると、信用を疑問視します。同じクレジットカード会社でカードが作れなくなるなどの影響が考えられます。

クレジットカードの受け取りに関する注意点

クレジットカードの受け取りに関する注意点

クレジットカードの受け取りは、自宅または店頭で受け取るのかを選択することができます。もし不在だった場合は、再配達の依頼や店頭に出向くことでクレジットカードを手に入れられます。

MEMO
発送の通知後1週間ほどたっても届かない、引越しに伴う転送は利用できるのかという2点には、注意する必要があります。

転送を利用して、引越し後すぐにクレジットカードを使いたいというのが、本音でしょう。2つの注意点と合わせて、受け取り時に必要な書類も確認しておきましょう。

発送後7日間何もなければ問い合わせる方が良いその理由

発送の連絡があったにも関わらず、7日間経っても配達されない場合は、クレジットカード会社に発送状況を問い合わせましょう。配送の遅れの理由としては、配送のミス、受け取り方法を店頭受け取りにしていた、送り先住所が間違っていた、不在時に家族や同居人が受け取っていないなどが考えられます。

何らかのミスがあり、再発送になると1週間程度かかってしまいます。

注意
急ぎでクレジットカードが欲しい場合は、再申し込みの方が早いこともあり、7日間を目安に連絡をするのが最善と言えます。

7日間を過ぎて、配送を待っていても、実はミスがあって受け取り期限を過ぎ、クレジットカード会社に返送されているということもあるため、注意が必要です。

引っ越しが重なる場合は転送サービスが使えない

引っ越しが重なる場合は転送サービスが使えない

MEMO
クレジットカードは、カードの転送によって、不正利用される可能性を考慮して、転送サービスを利用することができません。

カードの申し込み後に引越しをした場合でも転送は利用できず、クレジットカードのページから新たな住所を登録し、配達を行う必要があります。

受け取り時に必要な書類などを揃えておく

サインや印鑑とは別に、書類が必要になることもあります。受取方法によって異なるため、自宅または店頭で受け取る場合、配達時に不在だった場合に郵便局で受け取る場合に分けて、必要書類を解説していきます。

クレジットカードを自宅で受け取る場合の必要書類

本人であれば、サインまたは印鑑のみで問題ありません。本人の代わりにサインまたは印鑑をすることで本人以外も受け取ることができます。

本人限定受取郵便の場合は、本人確認書類を提示する必要があります。1つの書類で済む場合と、2つの書類を必要とする場合があるため、提示しようとしている書類を確認してみましょう。

本人 本人以外
簡易書留 サインまたは印鑑 本人の代わりにサインまたは印鑑
以下の書類1つで証明 以下の書類2つで証明
本人限定受取郵便 運転免許証/パスポート/マイナンバーカード/身分証明書/在留カード/特別永住者証明書/外国人登録証明書 健康保険証/学生証/社員証/年金手帳/国民年金手帳/厚生年金証書/共済組合員証 など

クレジットカードを店頭で受け取る場合の必要書類

クレジットカードを店頭で受け取る場合の必要書類

クレジットカードを店頭で受け取る場合は、サインまたは印鑑に加えて、本人確認書類、クレジットカードの到着通知書が必要になります。

MEMO
本人確認書類が揃っていても、到着通知書がなければ、受け取ることができないため、必ず持参しましょう。
店頭受取 本人確認書類 印鑑(サイン可)
到着通知書

配達時に不在で郵便局でクレジットカードを受け取る場合の必要書類

配達時に不在でカードを受け取れなかった場合、郵便局で直接受け取ることができます。必要書類は、表で紹介した本人確認書類、不在連絡票です。簡易書留であれば、本人以外でも、不在通知書と本人と住所が同じであると証明できる書類が揃っていることで、受け取ることができます。

本人 本人以外(簡易書留のみ)
郵便局受け取り 本人確認書類 本人と住所が同じであると証明できる書類
不在通知書 不在通知書
印鑑(サイン可) 印鑑

まとめ

クレジットカードの受け取り方法と転送条件のまとめ

クレジットカードの受取方法は、自宅に配達してもらうか、店頭で受け取るかの2種類があります。基本的に本人の受取になりますが、簡易書留の場合は、住所が同じ家族、同居人であれば本人以外でも受け取ることができます。

配達時に不在だった場合は、運送会社に再配達を依頼するか、郵便局などに直接受け取りにいくなどの方法で、受け取ることができます。荷物には受取期限が設定されているため、期限内に受け取りましょう。

クレジットカードの受け取りの注意点として、転送サービスが利用できないことがあります。クレジットカード申し込み後に引越しをする場合は注意が必要です。クレジットカードの受け取り方法、転送条件を把握し、確実に受け取れるようにしましょう。

取れるようにしましょう。

ブランド別ランキング

カテゴリ別ランキング

提携マイル別ランキング

対象別ランキング

カード種別ランキング

クレジットカード知識

ページの先頭に戻る