個人事業主向けビジネスカード特集
個人事業主向けビジネスカードTopバナー

個人事業主がクレジットカードをつくるべき5つの理由

  • 経費の管理の簡略化
  • 資金繰り改善
  • ポイント・マイル還元
  • 年会費は経費計上可能
  • ビジネスに使えるサービス

1経費の管理が圧倒的に楽に

クレジットカードを私用とビジネス用で分けることで利用明細を一括管理できるので、経費管理が非常に楽になります。会計ソフトと連携できるカードなら、経費精算の経理作業を効率的に行うことができます。

経費管理の簡略化

2資金繰り改善に役立つ

事業を継続するうえで、手元に現金がなくても、仕入れをしたい場面が出てくることもあります。クレジットカードの支払いは、購入日から1~2ヵ月先になるので余裕が生まれ、資金繰り改善に大変役に立ちます。また、個人用カードに比べ支払限度額が高めに設定されており、上限が100~300万円のものが多いので、安心して利用することができます。

資金繰り改善

3ポイント・マイル還元

ビジネスで利用した大きな支払いでポイントを獲得できるので、ポイントがどんどん貯まります。ポイントは商品だけでなく、マイルにも交換できるので出張用の航空券もマイルで購入でき、経費削減に貢献します。

ポイント・マイル還元

4カード年会費は経費計上可能

カード年会費は経費計上できるので、年会費の価格はあまり気にせず、ポイント還元率やサービスで選ぶのがお得です。個人カードは年会費が安いお手軽なものを選んで、ビジネスカードはサービスたっぷりのゴールドやプラチナカードを持つのがおすすめです。

年会費は経費計上可能

5充実の保証とサービス

法人用カードにはビジネスに役立つ独自のサービスが多数あります。手厚い国内外の旅行傷害保険や飛行機の遅延補償は出張に役に立ちます。また、国内外の空港ラウンジを利用できるものもあります。高額商品を購入する際には、カードで購入した商品の破損・盗難を補償してくれるショッピング保険が役立ちます。
さらに健康、介護、育児などに関する悩みや保険の見直しをファイナンシャルプランナーに無料で相談できるサービスなど、1人で仕事をしなければならない個人事業主の支えになってくれるものもあります。

ビジネスに使えるサービス

申込資格申込資格(登記簿謄本不要)

個人事業主・自営業の方のビジネス用クレジットカードはそれほど審査が厳しいというわけではありません。実は法人とは異なり、個人事業主なら申し込み時の提出書類は個人の本人確認書類だけになります。よって申し込みは起業直後でも問題なく、事業の収支状況は重要なポイントではありません。まだ一度も確定申告していなくてもカード作成ができます。この際、重要視されるのは「個人としての信用」で、個人でのカードでキャッシング・リボ払い枠の利用額が多額であったり、支払いの延滞があったりすると、審査に通るのが難しくなってしまいます。

  • 法人総合人気ランキング
  • コスパが高い法人人気カード
  • 貯めたマイルでフライト出張
  • 審査が通りやすい法人カード
  • 法人人気ETCカード厳選
  • 厳選法人プラチナカード
ページの先頭に戻る